« 灯火オフ | トップページ | サビキ釣り »

2004年8月23日 (月)

夏の終わり

蝉の鳴き声が止んだ。
お盆前後よりシャーシャーとうるさいクマゼミの合唱は徐々に元気がなくなり、週の後半では、のどが嗄れて声が出なくなってしまったのではないかと心配したくになるほど小さく寂しい音になっていた。
しかし、やっとおれの出番だぜと言わんばかりに、アブラゼミのジィージィーという大合唱は続いていたのだ。
ところがどうだろうか、今日はぱったり止んでいる。
雨のせいだろうか。いやいや数週間前なら、この程度の雨に気温なら涼しくて絶好調だぜと言わんばかりに、元気に鳴いていたはずだ。
通勤途中の神社の境内の木を見たが、祭りの後のように静かで、そして一匹のアブラゼミも見あたらなかった。
そう、夏は昨日で終わったのだ。
案の定、帰りの駅のホームで、ひっそりとだが透き通る若くみずみずしい、コロコロと言うコオロギの声を聞いた。
-------------------------------------------------------------------

« 灯火オフ | トップページ | サビキ釣り »

昆虫」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ