« サビキ釣り | トップページ | 塩害なんて何のその・・・ »

2004年9月 9日 (木)

広葉樹が泣いている

日本中をなめるように、巨大で、行儀の悪い強い風の台風が2つもやってきて、あらゆる物を吹き飛ばし、去って行きました。
私の住むマンションも、塗装工事のための骨組み(足場)が倒れ、電柱にのしかり、大騒ぎとなりました。騒ぎと言っても騒いだのは、電柱が倒れると家にぶつかってしまう近隣の住民の方々です。私は消防署と業者、そして関電の対応をしなければならなくて、てんやわんやでした。強風と雨の中にトータルで5時間もいなければならなかったのです。塩水をずっと浴びている感じでした。おかげで塩害の影響の火花や、もやっとした炎を出す電柱などを見る事が出来ましたが(笑)
さて、私の家は海から数100mの所に有るので、台風が来るたびに雨戸のサッシは塩だらけになります。車も塩だらけです。それは当然としても・・・今回の二つの台風は半端じゃ無かった。塩の量が凄すぎです。ベランダに置き忘れたカッターナイフの刃がサビて数日で動かせなくなってしまったほどです。
そして、その影響は植物達に大変な打撃を与えました。現在の神戸、明石地区は冬直前の様相で、葉がかれて落ちる直前の風景となっています。塩害により広葉樹の葉が、まるで真夏のビーチで急に背中を焼いてしまい赤く腫れあがってしまった肌のように、赤くなったり、茶色くなってしまっています。
エノキ、ケヤキ、クスノキ、サクラ、カエデ・・・痛々しいです。
ところが、広葉樹でもツバキなどは全く影響が無いようです。
台風はまだ来るかもしれません・・・影響が少ない事をいのるばかりです。

040909_1.jpg
<塩害のため葉が殆ど茶色くなってしまったエノキ>

040909_2.jpg
<塩害にあったクスノキの葉。左は全体的で枯れかけ、右は縁の部分から浸食。>

040909_3.jpg
<塩害にあったサクラの葉>

----------------------------------------------------------------

« サビキ釣り | トップページ | 塩害なんて何のその・・・ »

日常」カテゴリの記事

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ