« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月28日 (日)

伊豆旅行

夏もそろそろ終わりである。
子供達の夏休みがあと少しで終わりになると言った方がわかり易いかもしれない。

我が家は夏の終わりを、伊豆への小旅行で締めくくることにした。
27日、28日の一泊2日の旅行である。
伊豆は我が家から非常に近く、日帰りも可能な距離である。
実は、来年に向けての灯火ポイントの下見の考えもあっての事である。
・・・家族にはないしょ(^^;;;

27日:
まずは箱根に行った。

050827_1

大涌谷に・・・何十年ぶりだろうか?
子供達は喜んでいる。
そしてお決まりの、

050827_2

一袋6個で500円の黒タマゴを食べた。ニワトリの卵にしては小さいようにも思う。もしかしたらチャボの卵ではないだろうか?

そして、伊豆方面に・・・
途中の、蕎麦屋で食事をするが、やられた・・・

050827_3

これで1.68千円で、お店の最低価格商品である。
ワサビがついているとは言え、見て頂ければわかるが、非常にしょぼいワサビである。
蕎麦も、特別美味とは感じられない。
ま、旅行だからしょうがないと言うことなのだが・・・8千円もかかってしまったし、家族からはブーイングであった。
でも、旅行とはこのようなハプニングが記憶に残るようにも思うのだ。

食事の後は、伊豆の踊子で有名な、7滝を見に行く。
息子の希望だ。
途中、旧天城街道に入りトンネルまで行こうと思ったが、前日の台風で土砂崩れが発生したため、入る事が出来なかった。
トンネル近辺は灯火ポイントとして良いのではないかと思っていたのだが・・・

050827_5

こんな滝を見たり、途中で、

050827_4

休憩中のアオスジアゲハを見つけたり、

050827_6

こんな滝も見た。

そういえば、売店でノコ、ミヤマが300円で売っていた。
ノコ♂は小型しかおらず、ミヤマ♂は1匹いたが大顎が欠けていた。
もっと時期が早ければそこそこ良いのがいたのかも知れない。

そして、伊東の温泉に行き、のんびり過ごした・・・

28日:
朝食を済ませ、まずはテニス!

050828_1

4月からテニス部の息子の実力をチェック。
サーブはなかなか良い。
が、レシーブがまだまだのようだ。

宿を後にして、娘の希望の、「テディベア・ミュージアム」に行く。
あまり期待してはいなかったが、案の定であった。
入館料1000円にしては、ティディベアの数も少ないように思う。
息子は入り口まで行って、くさいので入らないと言い出すし・・・確かにかびくさかった。
台風の後だったので、湿気が多かったのだと思う(^^;;

宝石に絵画にガラス細工・・・ここの近辺はこのようなミュージアムみたいな建物が沢山建てられており、観光客を誘っているのだ。システムも神戸の異人館と似ているように思う。

050828_2

このティディが最も良かったかも。

ティディ・ベアを堪能し(笑い)表に出るとセミがうるさい。
クマゼミである。ここはクマゼミが多いのだなと感動してしまった。
東名を走ると、静岡からはクマゼミが多くなる事は知っていたが、伊豆にも結構いるようだ。

その後早めに帰ったが、伊東からずっと渋滞であった。
とにかくいつも、必ず、伊豆からの帰宅は渋滞である。
渋滞している車の上や横を、モンキアゲハがゆらゆらと、渋滞を笑うかのように飛んでいるのが印象的であった。

2005年8月21日 (日)

エピソード3

息子と二人で、「エピソード3 シスの復讐」をやっと見に行ってきた。
今回はダースベイダー誕生の章で、前後から結末はわかっていたが、結構楽しめた。

不満だったのは、アミラダの勇士を見る事ができなかった点である。
妊娠してちゃしょうがない(^^;;;

ポートマン好きな私としては、戦闘服を身にまとい戦ってほしかった。
雨宮監督のイリア(ゼイラム)とまでは言わないけどね・・・

2005年8月20日 (土)

公開講座

息子と娘と一緒に公開市民講座を受講しに麻布大学に行ってきた。
玉川大学が主催し、東京都町田市の後援で、神奈川県相模原市にある麻布大学で開催された(笑)

表題は、
小・中学生の科学教室“のぞいてみよう!動物たちの世界“
「身近にいる野生の生き物のくらしとつきあい方」
で、
国際応用動物行動学会議の一部として、ヒトと動物の共生をテーマに行われたものだ。
講座の内容は、
農作物を食べにくる、ニホンカモシカ、ツキノワグマに関する話と、カラスの習性に関する話だった。

ためになったのは・・・
1)ニホンカモシカ
  鹿じゃなくて牛の仲間
  角を見ると、年齢や出産回数がわかる
2)ツキノワグマ
  1~1.5万生息しているが、昨年は2.1千頭が取られた
  九州のツキノワグマは雪が少ないので年中取る事が可能であり、結局絶滅した
3) カラス
  スズメ目で日本に5種(行儀が悪く頭が良いのはハシブトガラス)
  臭いがわからない

大学の先生が子供向けに発表したわけだが、子供達にわかるように、興味を引くようにするため、色々な工夫をしたり、苦労したりしている様子が、なんともほほえましい講義だった。

帰宅後、娘と一緒にカラスについて聞いて来た事をOHPにまとめ、夏休みの自由研究が完了したのだった(笑)

2005年8月15日 (月)

蕎麦

採集、山毛欅林と言えば次は温泉、そして蕎麦でしょう。

ま、採集とは関係ないが、実家近くの有名な蕎麦屋に家族で行った。
あまり綺麗なお店とは言えないが、ガッツ石松や志村けんなども来るようだ。
で、とても美味しかった。

050815_1
<一升の蕎麦>

夜は花火をして、夏休み&帰省は修了である。

050815_2
<線香花火>

2005年8月14日 (日)

オオチャイロハナムグリ@カミキリ採集2005

実家に帰省中である。

息子と一緒に群馬にカミキリ採集に行った。
ターゲットはソリダ、アルマン・・・
朝の9時に現地近くに到着。
土場を見たが、時間が早いためか、目的のルリボシは見つける事が出来なかった。
しかし、近くのクワの木でトラフをゲット(^^)

050814_1
<トラフ>

さて、目的地に到着したが、数時間前まで雨が降っていた影響か、全くと言って良いほどカミキリの気配はない。
カミキリ屋さんに数名お会いしたが、採れていない様子。
「今日は駄目ですね」
とベテランそうなおじさんが言っていた。

あきらめかけていた所、ソリダ1♀をゲット。
どんどん山を登り、ブナが少なくなり、カンバが多くなった近辺で、アルマン1♂をゲット。
初である・・・それてにしても小さい、一瞬蚊に間違えてしまったほどだ(^^;;

登りをあきらめ下山しながら、ブナの立ち枯れを見ていく。
ソリダ3♂ゲット。
で、終わりかなと思った所・・・息子が採れたと言う。
巨大なソリダの♀であった(@@)
相変わらず引きが強い!

と、その木の反対側のブナの立ち枯れを見ると、何かがゆっくり登って行く・・・
えっ、もしかして・・・そっ、オオチャイロハナムグリではないか。
関西では見つける事の出来なかったオオチャイロである。
ラッキーとしか言いようがない。

この大きさ、この格好、この色つや・・・
兵庫県立人と自然の博物館で標本を見て依頼、憧れ続けていた虫にやっと会えました。

カミキリ採集だったけど、カミキリ以上の憧れに会えた、有意義な採集となりました。
これだから、採集はやめられません(笑)

050814_2

050814_3

2005年8月 9日 (火)

つばさ

たまには「つばさ」に乗る事も有る。

約1年半ぶりの山形である。
懐かしい仲間に会う事が出来た。
仕事ではあったが、電車では遠い場所でもあるが、行って良かった。

050809_1

2005年8月 7日 (日)

トウキョウヒメハンミョウ

先日報告した「トウキョウヒメハンミョウ」のまともな?写真を撮ることが出来た。
妻からいるよとの連絡を受け、一眼レフを持って駆けつけた.
家の壁にじっとしたり、ちょっと飛んだりしていた・・・

050807_1


050807_2


050807_3


050807_4

2005年8月 6日 (土)

ラミーカミキリ

丹沢にデイキャンプに行って来た。
丹沢は会社から近いので、私の場合は遊びに行く感覚が薄いのだが・・・
妻は懐かしい、子供達は川にバーベキューに魚のつかみ取りと聞いただけで嬉しいらしい。

食材などを購入し、キャンプ場に12時半頃到着。

050806_0

今日は川の流れが速く、そして昨日上流で崖崩れがあったために水が濁っている。
キャンプ場は通常のキャンプ場とデイキャンプ場にわかれており、キャンプ場には10組以上が、デイキャンプ場には我が家を入れて4組が来ていた。

バーベキューをしたり、川で遊んだり、つかみ取りをしたり・・・

到着した時から駐車場のカラムシが気になっていた。
何者かが食べた跡が有る・・・そう、ラミーカミキリである。
しかし、ちょくちょく見に行ったが、なかなかお目にかかれなかった。
そして帰りがけ、5時頃であろうか、1匹をとうとう見つける事が出来た。

050806_1

関東で初のラミーである。
関西では普通に見られるが、関東でも普通に見られるのだろうか?

デイキャンプの後は温泉に行き、夜は灯火採集に・・・

関東に戻って初の灯火である。
しかし、なかなか良いポイントが無く、標高400m程度の場所で行った。

そして、結果は散々であった。
月齢は良かったのだが・・・やはり下調べが足らなかったのがまずかったのであろう。
標高は低いし、植林が多い、山毛欅林への道は車の進入は禁止となっている。
せめてもの救いはハンノアオカミキリ1匹。
クワガタはミヤマ1♀である(^^;;;

050806_2
<ハンノアオカミキリ>

050806_3
<ミヤマ♀>

今度は伊豆方面を狙うか?

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ