« オリーブ | トップページ | インセクトフェア »

2005年9月21日 (水)

後藤田正晴氏死去

ミナミコルリ採集に徳島県の雲早山は土須峠に何度も通った。
関西からは、淡路島を抜け、徳島道に入り、阿波インターを降りる。
県道12号を通って、右折して瀬詰大橋を通って吉野川を越える。
国道193号をずっと南下し進むと到着である。

国道193号は山間の道で、途中標高はさほど高くないが、くねくねとした細い山道を通り過ぎる。
ここが美郷村である。
山の斜面に石積が壁のように斜めに敷き詰められ、その上に、家々がぽつん、ぽつんと畑の間にある。
何百年も変わらなかったのではないかと思うような、都会から完全に取り残された、昔ながらの風景がそこにある村である。

ここが後藤田さんの生まれ故郷である。
風景も、村の名前もとても綺麗で、ここを通る時には速度を落とし、とても印象深い場所だった。
ここが後藤田さんの生まれ故郷と知ったのは、2回目の土須峠採集後だったように思う。
自分の尊敬する政治家の生まれ故郷が、とても気になって鮮明に記憶していた場所だったので、びっくりした記憶が有る。

そして今日、後藤田さんが亡くなったとの訃報を聞いた。
9月19日に肺炎で亡くなっていたそうである。
小泉政権圧勝の後だけに何ともやるせない思いである。
マスコミの報道も質素で、あれほど選挙前は元気だった小泉批判をぱったりとやめてしまい、ひどい評論家にいたっては180度変わり、小泉びいきに変わってしまったふとどき者が出始めた、昨今の風評との因果関係を考えてしまうほどである。
馬鹿な国民と政治家が蔓延する世の中に、とうとう嫌気がさしたのではないか。

いずれにしても、本物の政治家がとうとう日本からいなくなってしまった。
残念でしかたがない。

« オリーブ | トップページ | インセクトフェア »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17357/7575856

この記事へのトラックバック一覧です: 後藤田正晴氏死去:

« オリーブ | トップページ | インセクトフェア »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ