« 秋のこどもの国 | トップページ | 秋の味覚(その弐) »

2008年10月 5日 (日)

秋の味覚(その壱)

秋の味覚の山栗を採りに寺家に行ってきました。
手の付けられていないポイントを見つけることができたので、沢山採れました。
もちろん、晩は栗の炊き込みご飯でした。
 
 
081005_1
 
イチモンジセセリを数匹見ました。
「蛾です」と言えば、詳しくない人なら信じるでしょう。
 
 
081005_2
 
いつものクヌギで、大嫌いなヨコヅナサシガメが、アオドウガネブイブイを集団で襲っていました。
さやばねの縁が白く、大きさも小さいのでまだ幼虫のようですが凶暴です。これこそ吸血鬼のモデルなんじゃないのかと思います。
指を刺されたことがありますがかなり痛かったです。刺された所は数週間、茶色っぽい跡が残りました。
 
 
081005_3
 
コクワはじっとしていつもの場所にいます。
 
 
081005_4
 
小さな栗ですが、沢山採れました。

« 秋のこどもの国 | トップページ | 秋の味覚(その弐) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17357/43263391

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の味覚(その壱):

« 秋のこどもの国 | トップページ | 秋の味覚(その弐) »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ