« イモムシ | トップページ | 夕涼み会 »

2010年7月10日 (土)

トンボの目

妻と共に下の娘を連れて寺家に散歩に行く。
娘は田んぼのあぜ道が大好き。
「危ないよ!」と言っても走って行ってしまう。
いつも、カエルを見つけた、アメンボを見つけたと言っては私を急かせる。
特にこの虫が好きとか、カエルが好きとかの好みがあるわけではなく生き物が不思議なようである。
形や鳴き声、色、そして動きなど・・・
何かを見つけたよと言うと、私が喜ぶのも嬉しいらしい。
私よりも早く見つけることを楽しんでいるようにも見える。
 
私はと言えば寺家に行くと定点観察だけは忘れない。
必ず観察するクヌギやクワなどの木が何本かある。
今日はコクワガタ、アオカナブンなどを観察した。
コクワを1匹だけ採り帰りしな採集に来た親子にあげる。
 
100710_1
娘がキアゲハのサナギを見つける。
田んぼのあぜの竹のクイでサナギになったようだ。
近くには幼虫の好きなニンジンなどそれらしき植物は見あたらないのだが?
 
ここで妻が飛んでいるタマムシを見つけるが、捕まえることは出来なかった。
いつもながらタマムシは高所を飛ぶ。
近くにエノキがあるのかと思い探してみたが、こちらも見つけられなかった。
 
 
100710_2
娘が赤とんぼを採って欲しいと言うので採集した。
真っ赤なアキアカネ。
まるで山に登り里山に戻ってきた秋のアキアカネのようである。
今年は梅雨が長かったので低温が続き、その後急に暑くなった気温が影響しているのかもしれない。
 
 
100710_3
いつ見ても、どの種類を見てもトンボの目は美しい。
どこまでもどこまでも深い湖を覗いているようだ。
標本では残せない美しさだが、写真では雰囲気が残せる。
 
 

« イモムシ | トップページ | 夕涼み会 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17357/49033741

この記事へのトラックバック一覧です: トンボの目:

« イモムシ | トップページ | 夕涼み会 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ